Blog
不動産テック・ITと、不動産仲介の仕事を便利に楽しくする情報

米不動産テックサイト「Trulia」について解説

2020.01.16 更新

  • Facebook
  • Twitter

海外の不動産テック、Trulia(トゥルーリア)を皆さんはご存知でしょうか? Truliaは、アメリカの不動産サイトで、物件の所在地、間取り、価格、設備、内観等々の基本的な物件情報閲覧に加え、不動産業者の皆さんはもちろん一般の方でも驚くほどたくさんの情報閲覧を行えるサイトです。今回は、世界的にも注目を集めるこのTruliaについて解説します。

本記事の要点まとめ

  • Truliaは、アメリカで日本の20倍ほどのアクセスを誇る不動産テック(サイト・アプリ)
  • Truliaでは、犯罪率や交通量、居住者の年齢層などさまざまなデータを見られる
  • 日本ではまだそこまで多くの情報を一般の人が手に入れるのは困難
  • 日本でもさまざまな不動産テックが誕生している

Trulia(トゥルーリア)とは? 

Truliaはアメリカの不動産サイトで、2005年に設立されました。わかりやすいイメージとしては、日本でいうところのSUUMOやHOME’Sのようなもの。ただしアメリカと日本では、不動産業の市場規模が違うため、アクセス数はSUUMOやHOME’Sの20倍もあります。

Truliaは新住宅マップ「Snapshot」を提供しており、無料で地域周辺の物件と平均価格、価格推移などをGoogleマップ上でビジュアル化できます。さらに物件周りの犯罪率や交通量 、学校までの距離、レストランの数、居住者の年齢層など、ありとあらゆる情報を見ることができます。

Truliaは、同じくオンライン不動産情報サービスのZillow(ジロウ)に2014年に買収されています。しかし、合併後も別々のブランドとして運営されています。 

Truliaでできる3つのこと 

Truliaの機能は大きく分けて、下記の3つです。

  1. 物件購入サポート
  2. 物件賃貸サポート
  3. 地域情報の閲覧

1. 物件購入サポート

Truliaでは、ウェブで公開されている100万軒以上の物件を見ることができます。物件の所在地、間取り、価格、設備、内観等々の基本的な物件情報閲覧はもちろん可能。「Local Information」で犯罪率や交通量、学校までの距離、レストランの数、居住者の年齢層なども見ることができます。

2. 物件賃貸サポート

物件賃貸サポートでは、35以上のフィルタリングやキーワード検索でお気に入りの物件を探すことができます。賃貸物件検索時も、物件購入検索と同様に、さまざまな情報を見ることが可能。下記の赤で囲っている部分のタブを切り替えることで情報を見られます。

3. 地域情報の閲覧

Truliaでは、地域の情報を閲覧することができます。Truliaは、実際の居住者から近隣についての実際のレビューを集めています。

オリジナルの写真、ドローン映像、居住者のレビュー等を閲覧できます。(現在、サンフランシスコ湾岸地域、オースティン、シカゴで利用できます)

居住者から近隣についての実際のレビューを取得。「地元の人がいうこと」機能を使用すると、居住者は近所での生活についてさまざまなことを共有できます。

近隣の犯罪、学校、平均通勤時間などを把握できます。

食料品店、レストラン、ナイトライフ、フィットネスなど。地元で人気のスポットが見られます。

Truliaでは、このような情報を一般の人が誰でも手に入れることができるのです。これはまだ日本では実現していません。しかしアメリカの流れを受けて、近い将来に日本でもこのような情報が手に入る日が来るかもしれません。

 

Truliaについての要点まとめ

本記事ではTruliaの特徴や魅力、日本の不動産テックについてご紹介してきました。

まとめると、

  • Truliaは、アメリカで日本の20倍ほどのアクセスを誇る不動産テック(サイト・アプリ)
  • Truliaでは、犯罪率や交通量、居住者の年齢層などさまざまなデータを見られる
  • 日本ではまだそこまで多くの情報を一般の人が手に入れるのは困難
  • 日本でもさまざまな不動産テックが誕生している

今後、日本でもさらに多くの不動産テックが誕生し、一般の人がよりリッチな情報を手に入れられるようになったり、生活が豊かになったりするはず。

本メディアでは、今後も最新の不動産テックの情報などをお届けして、不動産事業者のサポートをしていきます。

 

賃貸仲介の追客、「電話に出てもらえない!」「メールの返信ない」のお悩みにはコレ!

⼈気記事ランキング

  1. 【不動産事業者向け】不動産取得税とは?いくらかかるのか?(2019年6月現在)
    不動産業の基礎知識

    【不動産事業者向け】不動産取得税とは?いくらかかるのか?(2019年6月現在)

    2019.08.08

  2. 【2019年版】不動産業界におけるAI活用サービス3選
    不動産テック

    【2019年版】不動産業界におけるAI活用サービス3選

    2019.09.19

  3. 顧客のEメール離れ、「LINEにすれば万事解決」は本当?不動産業がとるべき対応方法とは?
    不動産テック

    顧客のEメール離れ、「LINEにすれば万事解決」は本当?不動産業がとるべき対応方法とは?

    2019.08.08

  4. 不動産チラシの反響を高める3つのステップ
    不動産業の基礎知識

    不動産チラシの反響を高める3つのステップ

    2019.08.08

  5. 初期費用無料から○万円まで!IT重説に使える注目サービス4つ
    不動産テック

    初期費用無料から○万円まで!IT重説に使える注目サービス4つ

    2019.09.05

  6. 【2019年版】仲介業務支援の不動産テック5選
    不動産テック

    【2019年版】仲介業務支援の不動産テック5選

    2019.08.08