Blog
不動産テック・ITと、不動産仲介の仕事を便利に楽しくする情報

賃貸仲介に取り入れるならこれ!AIオンライン接客ツール2選

2019.09.12 更新

  • Facebook
  • Twitter

これまでのブログでは、2019年の新社会人に対するアンケート「部屋探しであると便利だと思う機能は?」の結果と、1位〜4位にランクインしたサービスをご紹介しました。今回は、5位の「AIを活用したオンライン接客」について取り上げ、注目されているサービスもご紹介します。

2019年の新社会人に対するアンケート✳︎
「部屋探しであると便利だと思う機能は?」

  1位:360°写真の画面で内覧

  2位:VRで内見

  3位:IT重説

  4位:遠隔内見

  5位:AIを活用したオンライン接客( 希望条件に対し、おすすめの物件情報を提示してくれるなど)

 

 

不動産業におけるオンライン接客とは?

お客様からのご希望に対して合致する物件を担当者が自分で検索し、店頭やEメールで提案して内覧する物件を絞込んでいただき、内覧にご案内して契約…という流れが通常の賃貸仲介のご担当者の業務ですが、オンライン接客サービスを利用すると、お客様のご希望に合った物件を自動で選別しEメールやチャットで送付してくれます。物件選定やメール文作成の手間がなくなるので、不動産仲介業者側の業務効率化になるのはもちろん、お客様にとっても担当者の業務スケジュールに関係なく物件情報を配信してもらえるのでメリットがあります。これにAIを用いたものが、今回5位にランクインした「AI活用したオンライン接客」となります。

 

 

AIについておさらい

AIとは人口知能(artificial intelligence)とのことで、実は定義が研究者によってまちまちなのですが、一般的には「人工的に人間の知能を模倣するための概念および技術」と認識されています。コンピューターが人間のように「学習」し、蓄積した知識をもとに「推測」することができるのです。ですのでAIを用いたオンライン接客サービスでは、それぞれの属性やご希望をお持ちのお客様に対して、どのような条件の物件情報を配信するとどのくらい熱心に検討されたのか、あるいはされなかったのか(詳細が閲覧されたか、お気に入りマークをつけたか、内覧希望をしたか、質問をしたかなど)といったデータが蓄積すればするほど、その情報を学習し、後のお客様に対する提案の精度を向上させてくれるのです。

物件紹介の他にも、AIが用いられている不動産テックサービスには色々なものがあります。仲介会社の物件確認電話を、AIを使った音声認識で物件を特定し自動回答するサービスや、過去の類似不動産の取引情報の蓄積から推定価格や賃料を自動的に試算するサービス、かつて1日かかっていた所要時間を15分に短縮する住宅ローン審査サービスなどがあり、ITや不動産業の企業だけではなくメガバンクも次々とサービスを開始しています。

 

AIを使って自動物件提案できるサービス2選

このように不動産業界でもどんどん導入されているAIですが、賃貸仲介業で利用可能なオンライン接客サービスには、どのようなものがあるのでしょうか?2つのサービスをご紹介いたします。

 

ポータルサイトからの反響を取り込み、お客様の興味に合った類似物件をAIによる自動提案機能でご紹介できます。その他にも、顧客の履歴管理(閲覧物件履歴、メール配信物件、お気に入り物件、問い合わせ件数など)はもちろん、来店予約機能やチャット対応機能もあります。大手ポータルサイトやFCシステム以外のDBやシステムとの連携についても相談が可能なので、現状の業務フローを大幅に変更しなくても導入可能かも知れませんね

ユーザー機能
ポータルサイトの反響取り込み、問合せ物件の条件を自動取り込み、カレンダーから来店予約
フリーチャット質問、AI物件提案、希望条件の変更、提案物件/閲覧物件/お気に入りの履歴
管理機能
会員情報の閲覧、来店予約状況の一覧、来店予約スケジュールの設定、フリーチャット応対管理
チャット定型文の登録、類似条件の設定、メール配信設定
初期費用/月額費用:問い合わせ(モニター利用、デモのお問い合わせも受付中)

不動産賃貸/仲介会社向けの顧客管理と業務支援のシステム。基本機能に自動物件提案があり、オプションとしてAIチャットによる自動追客があります。毎日200店舗以上の仲介会社と顧客間の賃貸仲介に特化した会話を学習し、進化。AIチャットの返答率は全メッセージの60%で、即レスでお客様からの問合わせ対応を補助してくれます。しかも顧客別や時間帯などでAIチャットのオンオフの切り替えや、LINE連携も可能。

追客機能
自動物件提案メール(追客メール)、メールマガジン(DM)送信
顧客管理機能
顧客管理/分析、営業管理(タスク管理)、反響取り込み
顧客専用ページ
顧客専用マイページ、メッセージ機能
オプションサービス
AIチャット、LINE連携、デザインカスタマイズ
初期費用/月額費用:問い合わせ(モニター利用、デモのお問い合わせも受付中)

以上2社をご紹介しました。現在の業務課題や業務フローと照らし合わせ、ご希望に合ったサービスを検討されてみてはいかがでしょうか?

✳︎2019年マイナビ賃貸、全国賃貸住宅新聞掲載

 

不動産業特化型チャットアプリ「アトリク」は、お客様と不動産仲介業者様の両方が手軽に安心して、効率的に物件紹介できるサービスです。今なら先着1,000社、半年間無料で利用可能です!詳細とお申し込みはこちら

⼈気記事ランキング

  1. 【2019年最新版】仲介業務支援の不動産テック5選
    不動産テック

    【2019年最新版】仲介業務支援の不動産テック5選

    2019.08.08

  2. 【2019年最新版】不動産売買の不動産テック5選
    不動産テック

    【2019年最新版】不動産売買の不動産テック5選

    2019.08.29

  3. 顧客のEメール離れ、「LINEにすれば万事解決」は本当?不動産業がとるべき対応方法とは?
    不動産テック

    顧客のEメール離れ、「LINEにすれば万事解決」は本当?不動産業がとるべき対応方法とは?

    2019.08.08

  4. 女性目線で考える!お家探しのプロセスに「安全安心」を提供するならチャットアプリで!
    不動産テック

    女性目線で考える!お家探しのプロセスに「安全安心」を提供するならチャットアプリで!

    2019.08.08

  5. 【不動産事業者向け】不動産取得税とは?いくらかかるのか?(2019年6月現在)
    不動産業の基礎知識

    【不動産事業者向け】不動産取得税とは?いくらかかるのか?(2019年6月現在)

    2019.08.08

  6. 2019年新社会人も支持する!「VR内見」 クラウドサービス4選
    不動産テック

    2019年新社会人も支持する!「VR内見」 クラウドサービス4選

    2019.08.22