Blog
不動産テック・ITと、不動産仲介の仕事を便利に楽しくする情報

不動産業の営業支援システム、サービス、不動産テック10選

2019.11.14 更新

  • Facebook
  • Twitter

「不動産業務の営業支援システムやサービス、不動産テックについて知りたい」

本記事はそんな方のための記事です。不動産業界は扱う情報が多岐にわたります。そのうえ近年は、お客様1人ひとりに合わせたきめ細やかな対応を、効率よく行うことが求められるようになりました。

そして営業では、接客、交渉など、人が対応すべき業務もたくさん。だからこそ、人でなくてもできる業務は自動化し、人的リソースを集中させることが、業務効率化と業績アップにつながります。

本記事では、営業支援に関連するシステム、サービス、不動産テックをご紹介します。

 

不動産業の営業支援システム、サービス、不動産テック10選

1. Atlicu(アトリク)

【こんな人にオススメ】

  • 追客のコミュニケーションを円滑にしたい不動産賃貸仲介会社
  • 店舗内での顧客情報の見える化を推進したい不動産賃貸仲介会社

 

「Atlicu」は、弊社(株式会社サービシンク)が提供する「お客様と賃貸仲介業者間」のやりとりをお手伝いする、不動産の追客に特化したチャットアプリです。

「電話やメールだとお客様とつながりにくい」

「LINE等チャットアプリを使うと、お客様とのコミュニケーションはスムーズになるけれど、お客様と担当者間のやりとりが社内で共有できない」

このような不動産仲介業者の課題を解決できます。

Atlicuは、電話やメール、LINE等チャットアプリのいいとこどりをしたようなシステムです。チャットアプリを用いたお客様とのリアルタイムコミュニケーション、アプリ内での物件紹介、スタッフ間での顧客管理の共有により、業務の効率化を図ることができます。

 

2. Salesforce Sales Cloud

 

【こんな人にオススメ】

  • 営業データ以外のマーケティングデータなども一元化したい方
  • 自社向けに営業支援システムをカスタマイズしたい方

 

「Salesforce Sales Cloud」は、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供する顧客管理に特化した営業支援システム。「営業管理」「サポート状況」「マーケティングデータ」を1カ所に集約できることが強みです。

システムに自社を合わせるのではなく、自社に合わせてシステムをカスタマイズすることで、お客様に関するあらゆる情報の一元化が可能。さらに同システムは、AIによる見込み客発掘に特に強みがあります。AIによる的確な営業支援と、社員の好事例の共有等により、チーム全体のパフォーマンスが向上します。

 

3. いえらぶCLOUD

【こんな人にオススメ】

  • ホームページでの不動産集客効果を高めたい方
  • 顧客の取りこぼしをなくし、来店率をアップさせたい方

 

「いえらぶCLOUD」は、株式会社いえらぶGROUPが提供する不動産会社の日常業務にかかるコスト削減に特化したオールインワンの営業支援システムです。

いえらぶCLOUDには、下記のような特徴があります。

  • 物件入力アシスト機能
  • 各ポータルサイトへのワンクリック出稿
  • 不動産専用メール機能
  • 反響分析

業務効率化により余剰のリソースをさらなる営業活動に集中させることができます。

 

4. ノマドクラウド

【こんな人にオススメ】

  • 物件提案後のメッセージ送信、追客の営業効率を上げたい方
  • 顧客情報入力等の作業を効率化したい方

 

「ノマドクラウド」は、イタンジ株式会社が提供する、不動産仲介業者の営業業務の自動化に特化した顧客管理・業務改善クラウドシステムです。

同システムでは、お客様の情報を自動で登録し、そのデータから自動で提案物件を抽出、メッセージ送信。そして、提案後の返答がないお客様にも自動追客メッセージを送ることができます。さらに、700店舗以上のやりとりを学習したAIチャットにより、お客様からの問い合わせの約4割を自動で返信してくれます。徹底した自動化が実現する業務効率向上によって、スタッフは来店対応や内見に注力できるので、業績アップにつながります。

 

5. イエシルコネクト

【こんな人にオススメ】

  • 物件調査や査定書作成などの時間を削減したい不動産営業マン、営業部長
  • 移動中などのスキマ時間を活用して物件の下調べをしたい方

 

「イエシルコネクト」は、株式会社リブセンスが提供する、物件・エリア情報集約に特化した不動産売買・賃貸営業の方専用の営業支援ツールです。

1都3県約73万棟のマンションデータの中から、以下の情報をすみやかに検索、参照、ダウンロードできます。

  • 物件の基本情報(住所、築年構造、設備 等)
  • 物件の価格・価値(新築時価格、査定価格、周辺成約価格 等)
  • 災害リスク情報(ハザードマップ、避難場所 等)
  • 周辺施設案内(学校、病院、店舗、交通 等)

 

物件調査や査定書作成の時間削減と、物件に関するお客様からの質問への即時対応を可能にし、スマートな不動産営業を実現します。現在は申込書不要でオンライン登録のみで無料利用できます。

 

6. マルチユースV3

【こんな人にオススメ】

  • 物件の画像登録を楽にして営業効率を上げたい不動産営業マン、営業部長
  • 不動産の物件情報提供を定期的に、自動で行いたい方

 

「マルチユースV3」は武蔵株式会社が提供する、WEB集客に特化した不動産仲介業者向けクラウドサービスです。

「自社ホームページをより反響のあるページに作り替えたい」

「自社ホームページとその他複数のポータルサイトへの物件入力業務を削減したい」

このような悩みをお持ちの方に対応できるシステムになっています。

通常このようなシステムを導入する場合はカスタマイズになるため、費用が高額になりがち。しかしマルチユースV3は、パッケージシステムにカスタマイズ機能がついているため、比較的安価にかつ短納期で開発が可能です。

 

7. ESいい物件One

【こんな人にオススメ】

  • ポータルサイトへの入稿作業を効率化したい方
  • 売り物件の査定書作成などの作業を効率化したい方

 

「ESいい物件One」は、株式会社いい生活が提供する、不動産業務に関わるデータを一元管理するクラウドサービスです。

同社は、下記のサービスを提供しています。

  • 「ESいい物件One賃貸」(賃貸営業支援)
  • 「ESいい物件One賃貸管理」(賃貸管理)
  • 「ESいい物件One売買」(売買仲介営業支援)
  • 「ESいい物件Oneホームページ」(不動産会社向けホームページ作成ツール)
  • 「ES-B2B賃貸」(業者間流通向け)

 

不動産業と一言でいっても、賃貸、売買、管理等、業態や業務も異なり、取り扱う情報も多岐にわたります。同システムでは、これらのサービスを1つのデータベースに集約するため、各部署の業務効率化だけでなく、部署間の業務効率化にもつながります。

 

8. 賃貸革命

【こんな人にオススメ】

  • 営業部門と管理部門の情報共有をうまく行えるようにしたい方
  • ポータルサイトへの入稿作業を効率化したい方

 

「賃貸革命」は、日本情報クリエイト株式会社が提供する、不動産賃貸と管理に特化した営業支援システムです。同システムでは、物件・契約管理、家賃の請求・督促・入金処理を一元管理し、情報入力のミス・ロスを大幅に削減することができます。

営業部門と管理部門が同じ情報を共有することで、賃借人からの解約申込を受け付けた時点で、営業部門へ空室状況を共有し、即座に入居者募集を開始。スピーディな業務により空室リスクが軽減できます。

 

9. 売買革命

【こんな人にオススメ】

  • 各広告媒体の反響数を集計、確認したい営業部長
  • ポータルサイトへの入稿作業を効率化したい方

 

「売買革命」は、日本情報クリエイト株式会社が提供する、不動産売買に特化した営業支援システムです。

各社ポータルサイトへの物件掲載、自社ホームページへの物件掲載、不動産購入希望のお客様への自動追客、不動産を売りたいお客様への営業活動報告、社内連携。これらの不動産売買における様々な業務を一元管理することができます。

不動産会社向けに作られたメニュー画面で、新人の方やパソコンが不慣れな方でも覚えやすく、すぐに業務に利用できます。

 

10. ぶっかくん

【こんな人にオススメ】

  • 物件確認の対応を自動化して業務効率化したい不動産仲介会社・管理会社
  • データ分析により空室率を削減したい方

 

「ぶっかくん」は、イタンジ株式会社が提供する「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ」サービスの1つです。本サービスは、不動産管理会社と不動産仲介業者間コミュニケーションに特化しています。

不動産仲介業者からの物件確認の電話に対し、自動音声対応と自動図面FAX送信が可能。24時間365日対応で電話応対時間を大幅に削減することができます。

さらに自動応答した電話反響を計測することで、オーナー様へのレポート作成や入電の多い仲介業者データの可視化が可能になり、オーナー様の満足度向上、業務効率化に役立ちます。

 

不動産の営業支援についてのまとめ

いかがでしたでしょうか? 本記事では「不動産業の営業支援システム、サービス、不動産テック10選」をご紹介してきました。

皆さんの業務を効率化し、業績をアップさせてくれそうなサービスは見つかりましたでしょうか。一言で「営業支援」といっても、仲介、売買、管理、社内共有等、さまざまな場面でのサービス・システムが存在します。まず、現在の皆さんの営業支援に関わる業務課題を明確化することで、適切な「不動産テック」が見つかるはず。ぜひ本記事を参考にしてみてください。

本メディアでは、今後もこのような不動産業に関する情報や最新の不動産テックの情報などをお届けして、不動産事業者のサポートをしていきます。

 

賃貸仲介の追客、「電話に出てもらえない」「メールに返信ない」でお困りならこれ!

⼈気記事ランキング

  1. 登録免許税とは?いくらかかるの?(2019年12月現在)
    不動産業の基礎知識

    登録免許税とは?いくらかかるの?(2019年12月現在)

    2019.12.26

  2. 【不動産事業者向け】不動産取得税とは?いくらかかるのか?(2019年6月現在)
    不動産業の基礎知識

    【不動産事業者向け】不動産取得税とは?いくらかかるのか?(2019年6月現在)

    2019.08.08

  3. レインズとは? 仕組み、メリット、登録義務などについて解説
    不動産業の基礎知識

    レインズとは? 仕組み、メリット、登録義務などについて解説

    2019.10.17

  4. 【時流解説】ゴーストレストラン、シェアキッチン、クラウドキッチンとは?
    コラム

    【時流解説】ゴーストレストラン、シェアキッチン、クラウドキッチンとは?

    2019.12.12

  5. 【2019年版】不動産業界におけるAI活用サービス3選
    不動産テック

    【2019年版】不動産業界におけるAI活用サービス3選

    2019.09.19

  6. 不動産業者向けツールまとめ12選(クラウド管理ソフトから図面作成ソフトまで)
    不動産テック

    不動産業者向けツールまとめ12選(クラウド管理ソフトから図面作成ソフトまで)

    2019.12.05