Blog
不動産テック・ITと、不動産仲介の仕事を便利に楽しくする情報

不動産顧客管理システム5選、営業支援・追客でオススメの不動産テック3選

2019.10.31 更新

  • Facebook
  • Twitter

「不動産の顧客管理システムについて知りたい」

「不動産の顧客管理システムを比較検討、導入したい」

「業務改善・営業効率アップしたい」

本記事はそんな方のための記事です。日々多くの物件・顧客管理をしていく必要がある不動産業においては、物件や顧客を管理する様々なシステムの登場や導入が進んでいます。そこで本記事では、不動産顧客管理システムについて解説します。

【本記事のポイント】

  • 不動産顧客管理システムを導入する3つのメリットがわかる
  • 不動産顧客管理システム5選を比較できる
  • 営業支援・追客でオススメの不動産テック3選が比較できる

本記事で不動産顧客管理システムについての情報・ヒントを手に入れてください。

不動産顧客管理システムを導入する3つのメリット

不動産顧客管理システムの導入メリットは以下の3つです。

1. セキュリティ上の安全と業務の効率化が同時に可能

1つ目のメリットは「セキュリティ上の安全と業務の効率化が可能」なことです。顧客管理システムでは、顧客情報を紙で保存するのに対しデータで管理できるので、社外からシステムにアクセスすれば、外出先からでも案件の確認ができます。紙での顧客情報管理ですと、ファイルの紛失や、お客様の個人情報流出のリスクもあります。

また、顧客情報をデータで保管しておくと、担当者以外の従業員でも顧客情報を確認しやすくなり、お客様からの急な問い合わせにも対応可能です。

2. 見込み客にもアプローチ可能

2つ目のメリットは「見込み客にもアプローチ可能」なことです。例えば、システムを利用して物件案内メール等を自動配信することで、「メールを開いてクリックするほど興味を持っている」見込み客を見出し、継続的なメール等を通じて関係を維持することができます。売買案件などでは、購入タイミングがお客様側の様々な事情と関係してくるので、長期的なアプローチが重要になるためです。

さらに、一斉送信や送信日時の設定、個別に文言を編集・調整ができるシステムもあるので、お客様の状況に合わせた手法を選べます。定期的なアプローチにより、お客様が購入できる条件が整った時に真っ先に問合せをしてもらえる可能性が高まります。

3. 追客業務の見直しで人件費を削減できる

3つ目は「追客業務の見直しで人件費を削減できる」ことです。顧客管理機能を利用することによって、取り込んだ反響情報や顧客との応対履歴をもとに、広告や業務を簡単に見直すことが可能。各媒体への広告掲載の費用対効果や、スタッフの成功・失敗事例を把握し、追客の自動化・見える化をすることで追客業務を効率化し、人件費の削減も期待できます。

 

不動産顧客管理システム5選

不動産顧客管理システムを5つご紹介します。

  1. いえらぶCLOUD
  2. ノマドクラウド
  3. 賃貸革命
  4. 顧客大王
  5. WEBカスタマン

1.いえらぶCLOUD 

1つ目は「いえらぶCLOUD」です。いえらぶCLOUDは、株式会社いえらぶGROUPが提供する不動産業支援のオールインワンのクラウドシステム。複雑な顧客情報と追客業務を効率よく管理する機能が搭載されています。

追客を自動化・見える化することで効率的な追客を行い、売上アップと業務効率化によるコスト削減を実現。また、ポータルサイトでの反響による顧客登録や、追客状況の更新を自動化し、案件管理のコストを削減できます。

2.ノマドクラウド 

2つ目は「ノマドクラウド」です。ノマドクラウドは、イタンジ株式会社が提供する、不動産仲介会社の営業業務をサポートする顧客管理・業務改善クラウドシステム。自動追客機能や顧客管理、顧客専用ページ生成 ・コミュニケーションツールなど、顧客管理業務を改善できる機能が豊富です。累計導入700店舗以上あり、顧客管理業務が効率化されたという利用者の声が多く掲載されています。

3.賃貸革命 

3つ目は「賃貸革命」です。賃貸革命は、日本情報クリエイト株式会社が提供する、集客・管理に強い賃貸物件総合管理システム。物件・契約管理や家賃請求、入金処理を一元管理し、情報処理のミスを大幅に削減することが可能です。1つのデータから複数の帳票に連動されるシステムなので、さまざまな業務へ臨機応変に対応できるようです。

4.顧客大王 

 

4つ目は「顧客大王」です。顧客大王は、武蔵株式会社が提供する物件管理と顧客管理のサービス。顧客管理では、ポータルサイトからの反響自動取込や自社サイトからの反響自動取込、電話・来店からの顧客情報入力など見込み顧客データを一括管理可能。

さらに自社ホームページ連動、各ポータルサイトからの反響自動取込、見込み客へのメール配信など、日々の業務効率化をサポートするサービスです。また、物件管理では、自社サイトへリアルタイムに反映できる機能や、ポータルサイトへ一括出稿など効率的に物件情報管理ができます。

5.WEBカスタマン 

5つ目は「WEBカスタマン」です。WEBカスタマンは、株式会社アクティブ情報サービスが提供する顧客管理ソフト&クラウドサービス。同サービスは、大手企業から中小企業、店舗までさまざまな業種・業務の顧客管理に接してきたスタッフが関与しており、その経験を活用して開発されました。わかりやすさが重視され、簡単に導入できるサービスになっているため、業種や業務、自社の成長や拡大に合わせてカスタマイズ可能です。

 

営業支援・追客でオススメの不動産テック3選

次に、営業支援・追客でオススメの不動産テック3選をご紹介します。

  1. Atlicu 
  2. キマRoom!Sign
  3.  ESいい物件One 

1. Atlicu

1つ目は「Atlicu」です。Atlicuは、弊社(株式会社サービシンク)が提供する「お客様と賃貸仲介業者間」のやりとりをお手伝いする、不動産の追客に特化したチャットアプリです。

「LINE」とは異なり、スタッフ間で追客の履歴を管理画面で共有できるのが特徴。そして、お客様に見やすい物件情報やメッセージを送ることができます。チャットで送るのでメールでは見てもらいにくい情報も、手軽に内容を確認してもらうことが可能です。

2. キマRoom! Sign

2つ目は「キマRoom! Sign」です。キマRoom! Signは、株式会社セイルボートが提供する

「不動産賃貸業務に特化した、電子申込顧客管理ツール」。同ツールは、不動産手続きの電子化をサポートしてくれます。

電子化により管理・仲介で情報を共有できるので、双方の業務を効率化することが可能。また、自社の賃貸契約書フォーマットをそのまま使用でき、紙に文字を書くように簡単に入力できます。

3. ESいい物件One

3つ目は「ESいい物件One」です。ESいい物件Oneは、株式会社いい生活が提供する不動産業務に関するデータを一元管理可能なクラウドサービス。不動産業務をデジタル化させ、生産性を向上させる不動産取引支援サービスを提供しています。総合的な業務支援サービスはもとより、売買管理やWebサイト制作、内見予約など目的別に特化したサービスも取り揃えています。

まとめ

いかかでしたか? 本記事では、以下のようなポイントをお伝えしてきました。

  • 不動産顧客管理システムを導入する3つのメリットがわかる
  • 不動産顧客管理システム5選が比較できる
  • 営業支援・追客でオススメの不動産テック3選が比較できる

本メディアでは、今後もこのような不動産業に関する情報や最新の不動産テックの情報などをお届けして、不動産事業者のサポートをしていきます。

⼈気記事ランキング

  1. 【不動産事業者向け】不動産取得税とは?いくらかかるのか?(2019年6月現在)
    不動産業の基礎知識

    【不動産事業者向け】不動産取得税とは?いくらかかるのか?(2019年6月現在)

    2019.08.08

  2. 【2019年版】不動産業界におけるAI活用サービス3選
    不動産テック

    【2019年版】不動産業界におけるAI活用サービス3選

    2019.09.19

  3. 登録免許税とは?いくらかかるの?(2019年12月現在)
    不動産業の基礎知識

    登録免許税とは?いくらかかるの?(2019年12月現在)

    2019.12.26

  4. レインズとは? 仕組み、メリット、登録義務などについて解説
    不動産業の基礎知識

    レインズとは? 仕組み、メリット、登録義務などについて解説

    2019.10.17

  5. 【時流解説】ゴーストレストラン、シェアキッチン、クラウドキッチンとは?
    コラム

    【時流解説】ゴーストレストラン、シェアキッチン、クラウドキッチンとは?

    2019.12.12

  6. 不動産業者向けツールまとめ12選(クラウド管理ソフトから図面作成ソフトまで)
    不動産テック

    不動産業者向けツールまとめ12選(クラウド管理ソフトから図面作成ソフトまで)

    2019.12.05